現金を借りるなら

現金がない

現金がどうしても急に必要になる!なんていうときは社会人生活を営んでいれば必ず人生で一度や二度はあるものです。

 

 

そんな経済状況がピンチの時に周囲に現金を借りることができる家族友人がいる場合はその人から借りるのがいいと思います。ただ、なかなか気軽に「現金、借りることできるかなぁ?」なんて頼めるものではないですよね。

 

 

 

そんな緊急事態の時に非常に役立つのが「キャッシング」というサービスなんです。どうしても現金を借りるとなるとネガティブなイメージにとらわれがちなんですが、今は多くの消費者金融も銀行と密な関係にありますし、グレーな金利というものもないですので安心して借入できるんですよ。

 

 

もちろん、現金を借りたらしっかりと返済しないといけないのは当たり前ですが。ただその点においても、一定期間金利が無料のキャッシングもありますのであなたの要望に合わせた金融会社を探してみてください!

 

現金借りる時のおすすめキャッシング

やはり返済時の金利というものを重視して借りるといいと思います!

 

プロミス

郵送物なしで借りれるので内緒で借りたい人におすすすめです!

 

プロミスなら24時間申込OK!即日融資も可能!

>> プロミスはカードレスでも対応可能なので郵送物なしで借りれます!<<

内緒で借りたい人へのオススメ度

融資までの時間

無利息期間

最短1時間融資も可能

※30日間無利息は、メールアドレスとWeb明細利用の登録をされた方が対象です。※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。

 

三菱UFJフィナンシャルグループ アコム

 

アコム

 

初めての方なら契約日の翌日から30日間、無利息で借り入れができます!

>> 初めての方は30日間無利息で借り入れ出来る大チャンス!<<

審査時間

実質年率

限度額

オススメ度

最短30分

3.0%〜18.0%

800万円

 

即日融資希望の時はネット経由がおすすめ

現金を即日で欲しいならネット経由

現金を借りる時に業者の対応が早い即日融資対応を希望しているときは、お持ちのパソコンでもいいし、またはスマートフォンとか携帯電話によって申し込むとスピーディーに処理できます。これらを使って金融会社のサイト経由で申し込むことになります。

 

支払う必要のある利息が銀行などのカードローンより少々高くたって、大きな額の借金じゃなくてしかもすぐに完済できるのが間違いないのであれば、申し込み当日の審査で借りさせてくれるキャッシングにしておいたほうが有利だと思います。

 

誰でも知っているようなキャッシング会社というのは、大手銀行の本体であるとか、それらの銀行の関連会社が管理運営しているため、ネット上での申込に対しても問題なく、返済はどこにでもあるATMを利用してもできますから非常に便利です。

 

昔のことでも滞納したとか破産したなどのトラブルを経験しているのであればキャッシング申し込みの審査を通過して融資を受けていただくことは決してできないのです。このように、審査においては過去も現在も本人の評価が良しとされていないようではいけません。

 

できればどのような関係の会社が対応してくれるどのようなカードローンなのかなんてことにも注意をする必要があります。現金を借りるときはメリットは何か、デメリットは何かということを検証して、希望にピッタリと合うキャッシングがどれか失敗しないように確実に選ぶことが大切なことなのです。

 

即日融資で現金を借りれる金融商品

キャッシングで現金の貸し付けがすぐに対応できる頼りがいのある融資商品はけっこうありまして、大手消費者金融などで現金を借りる時の融資も当然該当しますし、銀行でのカードローンによる貸付も実際に借り入れがすぐに可能なので即日キャッシングに分類されます。

 

新規に現金を借りるときの申込の仕方で、ほとんどの場合に利用されているのがインターネットから手続可能なWeb契約という今イチオシのやり方です。Webによる事前審査を受けていただいてその結果が融資可能だったら本契約の完全な完了で、いつでもどこでもATMを見つけることができれば必要な現金を借りることができるようになるシステムなのです。

 

カードローンを利用することのメリットというのは、365日時間を選ばずに返済可能な点。コンビニなら24時間営業ですからそこのATMを画面を見ながら操作していただくとお店に行く時間がとれなくても現金を返済できるわけですし、パソコンやスマホを使って借りた現金を返済することも可能となっています。
機会があれば使ってみたい即日キャッシングについてのだいたいの内容はすでに知っている人は少なくないのですが、利用する際にどんな方法で現金を借りることが可能になるのか、具体的なところまで掴んでいる人はそれほどいないと思います。

 

実は現金を借りることのできる会社には、

  • 総量規制対象外の銀行系の金融会社
  • クレジットカード会社など信販系の会社
  • 金利が高めになる消費者金融系の会社

など何種類かのものがありますから比べてください。種類別だとやはり銀行関連の会社は融資に審査時間がかかることもあり、急いでいても即日融資で借りるのは困難な場合もあるようなので注意してください。

クレジットカードで現金を借りるには

クレジットカードで現金借りる

現金を借りる方法は色々とありますが、キャッシング以外ではクレジットカードで現金を借りる方法があります。

 

クレジットカードのもっとも一般的な使い方は、買い物をするときにカード決済をする使用方法ですよね。最近はネットでの買い物の普及率がすごいスピードで上がっているので、ネットショッピングの決済にもクレジットカードは大活躍だと思います。

 

クレジットカード決済以外の、代表的な機能が『現金を借りる』ことができるキャッシング枠の利用になります。

 

キャッシング枠の利用というのはクレジットカードを使って現金を引き出す機能のことです。

 

新たにキャッシング会社やカードローン会社に申し込みをしないでも、現在持っているクレジットカードのキャッシング枠を使うことができるので、消費者金融を利用していることを内緒にしたい人、ばれたくない人にとっては有用な現金を借りる方法です。

 

 

楽天カードで現金を借りる

楽天カードで現金を借りる

  • 最短で数分で完了する簡単な手続き
  • 銀行や郵便局のCD・ATMを使用できるので急ぎで現金を借りたくなった時も安心
  • 海外旅行中に両替せずに現地通貨を手にできる

ことですね。

 

楽天カードの引き落とし口座に希望額が最短数分で振込されます。

 

インターネットで24時間いつでも申し込むことが可能なのでスマホからの申し込みもできますよ。

 

エポスカードで現金を借りる

エポスカードで現金を借りる

ATM手数料が0円(以前はエポスカードで現金を借りるためのATM手数料が1万円以下が108円、1万円超が216円だったのが日本全国の提携ATMでの手数料が0円になりました)

 

エポスカードで初めて現金を借りる方は初回ご利用日の翌日から30日間金利が0円で借りることができます。

 

エポスカードで借り入れをした時の返済方法は「口座引き落とし」と「ご持参払い」から選択できます。

 

口座引き落としを設定している方もATMから早めのお支払いをして利息を節約することも可能です。

 

警察・交番で現金を借りることはできるの?

警察・交番で現金借りる

警察・交番で現金を借りることは可能なのでしょうか?

 

例えば、渋谷で楽しく友人たちと飲み会をして別れたとします。楽しかったのでルンルン気分です。

 

友人たちは地下鉄に乗るのでJRに乗る自分は一人で改札に向かいます。さあ、財布を出してSUICAを使って改札をくぐろうとするけれど、肝心な財布が見つかりません。

 

「やばい。。」

 

顔が青ざめてきます。

 

あなたはひらめきます。
「そうだ、スマホで友人に電話を掛ければまだ渋谷にいるかもしれない。友人から1000円ほど現金を借りることができれば、家までは帰れる。」ぞと。

 

しかし、なぜかスマホもありません。どこかでなくしたか、盗まれたかもしれません。とにかく財布とスマホがない状態で現金が全くない状態です。

 

にっちもさっちもいかない状況です。

 

こんな時に知っていてほしいのが『公衆接遇弁償費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)』です。簡単に『公衆接遇弁償費』を説明すると、警察(交番・派出所)から自宅へ帰宅する費用(現金)を借りることができるという制度です。

 

どうしても、帰宅できなくて困っている人を警察が助けてあげるという制度ですね。

 

ですのでいくら警察で現金を借りることができるといっても、緊急時でなくては受け付けてもらえません。もう一杯お酒が飲みたいからといって交番に駆け込んで「ちょっと、現金、貸してください!」なんていってもおまわりさんにたしなめられた終わりです。

 

この公衆接遇弁消費は借りることのできる現金の上限額が1000円と決まっています。また警察に現金を借りるためには氏名・住所・職業・年齢などを記入する借受願書というものを提出しなければなりません。

 

警察から借りた現金は借金ではありませんので金利はかかりませんが、返さなければなりません。

銀行で現金を借りる

 

銀行で現金を借りるという方法は、消費者者金融以外で借りたい時に真っ先に頭に浮かぶのではないでしょうか?

 

確かに個人ですと家のローンを組むときに借りるのは、大概銀行ですし、法人が現金を借りるときも最初に相談するのは銀行というイメージがありますものね。

 

何よりも、銀行って『きちんとしている』というイメージが強いので銀行で現金を借りるときは不安が少なくなります。

 

銀行で現金を借りるときのメリットは大手企業だから安心できることのほかに『総量規制外』であることも大きなメリットである方も多いです。

 

総量規制とは「年収の3分の1までを、融資元からの総融資額にする」というものです。

平たく言うと、「年収の3分の1まで借りることができますよ」ということです。

 

この総量規制ですが、規制がかかる業者とそうでない業者にあります。

 

アコム、プロミス、モビット、アイフルなどの消費者金融は規制がかかるのですが、対して銀行は総量規制対象外なのです。

 

これは、大きな額の現金を借りたい方の目には魅力的にうつりますよね。

 

では個別に銀行のカードローンをみていきましょう。

 

ゆうちょ銀行で現金を借りる

 

子供のころお年玉をもらったら貯金していたのが郵便局でした。
いまは民営化によってゆうちょ銀行になりましたが、そのゆうちょ銀行で現金を借りることができることはあまり知られていないかもしれません。

 

ですが、今は立派な銀行。他の銀行と同じように個人向けの融資も行っています。

 

ゆうちょ銀行にもいくつかのローン・貸付けプランがあるのでみていきましょう。

 

財政形成貯金担保貸付け(ざいせいけいせいちょきんたんぽかしつけ)

 

なんだか難しそうなネーミングです。

 

財政形成貯金担保貸付けは名前が示す通り、財形定額貯金・財形年金定額貯金・財形住宅定額貯金を担保として貸付けを行う商品です。

 

借りれる金額の上限は預金してある額に金利を足した額の9割までです。

 

貸付期間は借りた日から2年です。1回限りですが貸付けの更新も可能です。

 

財政形成貯金担保貸付けで現金を借りるときはゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で手続きをすることになります。担保となる貯金1件につき1回の貸し付けが可能です。また借りれる金額は1000円単位で1000円以上です。

 

返済は借りるときと同様に期間内に窓口で行います。

 

また現金を借りるのとは厳密には違いますが、通常貯金の残高以上の払い戻し請求があった時に不足分を自動で貸付けする「貯金担保自動貸付け」や「国債等担保自動貸付け」というものもあります。

 

詳細はゆうちょ銀行の公式サイトでご確認ください。

 

https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/loan/kj_ln_index.html

 

ゆうちょのカードローン「したく」

ゆうちょ銀行にもいわゆるカードローンもあります。名称は『したく』といいます。はっきり言ってあまり知名度はありません。ただし、この「したく」はゆうちょ銀行が媒介となってスルガ銀行と契約をする形をとっています。

限度額 500万円(初回は300万円)
借り入れ・返済ATM ゆうちょ銀行・スルガ銀行・セブン銀行・イオン銀行・ENET・タウンネットワークサービス
返済 毎月3000円から
電話申し込み 0120−508−911 月〜金曜日(祝日・12月31日〜1月3日を除きます)9:00〜19:00

 

三菱UFJ銀行で現金を借りる

三菱UFJ銀行で現金を借りるとなるとカードローンの「バンクイック」が有名で使い勝手が良いです。

 

規制が入るまでは頻繁にテレビでCMを流していたので、バンクイックの存在は知っている方も多いと思います。

 

後に紹介するみずほ銀行や三井住友銀行と並んで超大手の銀行なので知名度は抜群です。

 

多くの都道府県でも目にすることがあるメガバンクの雄です。

 

多くのローンを扱っていて

  • 住宅ローン
  • カードローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • リフォームローン
  • 多目的ローン

など扱いがあります。

 

ここでは需要の多そうなカードローンについて紹介していきます。

 

三菱UFJ銀行のカードローンは2つあります。

急に現金を工面しなくてはならなくなった時にも対応できる「バンクイック」
残高不足の時に自動的に貸付けを行ってくれる「マイカードプラス」

 

バンクイックの特徴は
三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても申し込みが可能。
ウェブで24時間いつでも申し込みが可能。
金利が年1.8%〜年14.6%(2018年8月現在)
限度額は10万円から最高500万円まで
全国の三菱UFJ銀行のATM及び提携ATMで利用できる
借り入れ・返済とともにATM利用手数料が無料
入会金と年会費が無料

 

バンクイックの返済シミュレーション

1万円を借り入れした場合の返済シミュレーション

借入金額 返済月 借入利率 1か月の返済額
1万円 1ヶ月 14.6% 10121
1万円 2ヶ月 14.6% 5091
1万円 3ヶ月 14.6% 3414
1万円 4ヶ月 14.6% 2576
1万円 5ヶ月 14.6% 2073
1万円 6ヶ月 14.6% 1738
1万円 10ヶ月 14.6% 1068

 

3万円借り入れした場合の返済シミュレーション

借入金額 返済月 借入利率 1か月の返済額
3万円 1ヶ月 14.6% 30365
3万円 2ヶ月 14.6% 15274
3万円 3ヶ月 14.6% 10244
3万円 4ヶ月 14.6% 7729
3万円 5ヶ月 14.6% 6220
3万円 6ヶ月 14.6% 5215
3万円 10ヶ月 14.6% 3204
3万円 12ヶ月 14.6% 2702

比較サイトを上手に利用しよう

現金借りる前にネットで比較

 

現金を借りる時にキャッシング関連の内容を比較しようと思ったら、当たり前ではありますが良質な消費者金融比較サイトから検索することをお勧めします。比較サイトのランキングをうまく使用するといいと思います。ウェブ上には時折反社会的な消費者金融業者をそうとわからないように紹介している危ないサイトもあり油断できません。はじめて現金を借りる時などは本当に要注意です。

 

ブラックリスト入りした方でも貸してくれる小規模の消費者金融の一覧表があったとしたら、現金の借入を考えている時に助かると思うかもしれませんがそれは大きな間違いです。やむにやまれぬ事情で現金を借りたい時でも大手以外は危険がはらんでいるのでオススメは絶対にしません。申し訳ございませんが当サイトではブラック入りした人向けのコンテンツは用意しておりません。

 

嘘だと思うかたは、「闇金ウシジマくん」という漫画を一度読んでみてください。有名な貸付け業者以外からの融資を受けることが怖くなること間違いなしです。漫画ですから脚色や誇張もあるでしょうが、かなり綿密に取材を行っているようですので、現実はあの漫画以上に過酷かもしれませんよ。

 

数多くの現金を借りれる金融会社で、審査の所要時間が最短だと30分くらいと、すばやく終了するということを宣伝しています。ウェブ上で行う簡易審査なら、わずかな時間で結果が提示されます。消費者金融の中でも人気の高い業界最大手の一つの消費者金融では、初回の利用の方は30日間の無利息期間があるので現金を初めて借りる人などは安心して申し込みができると思います。

 

緊急に現金が必要となった時の為の即日融資に応じた消費者金融にすれば、ローンの審査に合格したら、即現金を借りることができます。即日融資があるというのは実に頼りになります。