お金を借りる時不安感があるのはいたって普通

一概には言えないかもしれませんが、銀行で現金を借りる時は別に不安では無い人が多いと思います。

 

もちろん銀行から借りるときは大きな金額を借りるわけですからそれに対する心構えというものは必要になってきますが、支払いが滞った時の取り立て等のことを融資前に不安に感じる人はほぼ皆無だと思います。

 

ですが銀行以外の金融機関、キャッシングやカードローン等から融資を受ける時は不安はつきものです。

 

不安を感じる理由

その不安は何から感じているかと探ると借り入れ期間の利子であったり、お金を借りるときに周囲にばれてしまうのではないかとか、ちょっと支払いが遅れたら激しい取り立て屋さんが来るのではないかとか、そのような事だと思います。

 

1昔前に消費者金融を始めとする金融機関でグレーゾーンの金利が起こしていて、そのグレーゾーンの金利で現金を貸し出していた金融機関のイメージが多くの人を不安にさせているところも否めません。

 

貸金業法の改正と業界のイメージアップ

ですがグレーゾーン金利で現金を借りていた人たちが多重債務者になったりして大きな問題となった経緯があります。そこを起点に法律を見直すと言う動きが活発になり平成18年に貸金業法が改正されました。

 

ちなみに貸金業法は、以前は貸金業の規制等に関する法律、と言う名称でしたが2007年に正式に貸金業法となりました。

 

法律が変われば当然金融会社も法律に従わなければいけなくなるので大手金融会社も金利を法律内のものに引き下げました。

 

ですのでテレビコマーシャルを見ていても感じるかと思いますが今の大手消費者金融はテレビや電車内の中吊り広告などを出してイメージアップに努めています。明るいイメージを表に出して実際に業界も以前と比較しても大幅にクリーンな状態になっています。そうしなければ小口借入を求める一般市民をターゲットとした金融業界の未来はないと各会社が理解しているという事なのです。

 

ただし、残念なことに世の中には貸金業法の改正後も法律外の金利で貸し出している業者があることもまた事実です。「ヤミ金業者」と呼ばれています。「闇金ウシジマくん」と言う漫画がヒットしていますが、あの漫画を読むと闇金で現金を借りることの恐ろしさを痛感します。

 

どうしても現金を借りるなら、きちんと返済することを前提ですが、大手消費者金融もしくは銀行のカードローンから借りることであなたの不安感も払拭できるのではないかと思います。

 

現金 融資|トップページ